外壁塗装は調べて納得できる東京の会社に頼むことが大切です

SITEMAP

住宅

外壁塗装の値段の違いについて!

実家の外壁塗装と屋根塗装をしようと思い、いくつかの東京の業者に依頼した経験をまとめさせていただきます。何社かの会社が現地調査に来ていただき、見積書をもらいましたが、会社によっては値段がバラバラで何を信じればいいのかわからなくなった経験があります。
東京の外壁塗装の営業マンの人は自社のいいことばかり言うこともあり、自分でしっかり調べようと思い調べました。料金の違いは塗料の違いと会社の方針の違いであるとわかりました。塗料のグレードをあげれば、耐熱効果があったり、汚れが付着しにくい効果があったり、家の立地や自分のやりたいことで決めなければならないということがわかりました。耐熱で一番有名なガイナはロケットの塗料にも使われている塗料で、ガイナで仕上げると耐熱効果が期待できる分、料金も割高になっていました。また、会社の方針で安く受注する会社(大幅に値引きしてくれる会社)や、手間を惜しまずきちんと外壁塗装の施工することをうたっている会社もあります。
高いからきちんとしてくれているというわけではなく、東京の会社の方針や営業マンの考え方などで見抜かないといけないと感じました。一番やってはいけないことは、その場で決めてしまうのではなく、きちんと自分で調べて納得できる会社に頼むことが大切だと思います。

外壁塗装の種類と特徴

東京の外壁塗装の素材にはいろいろな種類があります。しかし、素材名だけを聞いてもどんなものなのかイメージすらわかないという方も多いのではないでしょうか。ここでは外壁塗装の種類と特徴について紹介していきます。
東京の外壁塗装には一般的に、アクリル塗装、ウレタン塗装、シリコン塗装、フッ素塗装の四種類があります。アクリル塗装は塗料自体が透明のアクリルであることから色が付けやすく、好きな色を楽しむことが出来ます。また、価格も比較的安くなっています。ただし、耐久性が低く、耐用年数は5年から8年といわれています。ウレタン塗装は密着性が高く、木材や細部への塗装にも適しています。価格もアクリル塗装の次に安く、耐用年数は7年から10年となっています。以前は価格と耐久性の面で主流となっていましたが、より高機能な素材の価格が下がってきたため、使用頻度は減ってきています。シリコン塗装は耐用年数が12年から15年と耐久性がある素材です。また、汚れが付着しにくく、汚れにくいというメリットもあります。
最近では取り扱うメーカーも増え、価格も以前より手ごろになったことから、東京のコストパフォーマンスが高い外壁塗装とされています。フッ素塗装は耐用年数が15年から20年と耐久性の高い外装塗装となっています。汚れもつきにくく、つやが出て高級感を演出することができます。しかし、価格は高いため、一般住宅で使われる頻度は高くありません。

外壁塗装の会社を選ぶポイント

東京で外壁塗装をする会社を選ぶ上で、重要なポイントをまとめました。
下地処理外壁塗装をする上で一番大切なポイントになります。まず、現在の外壁についている汚れを徹底的に落とします。汚れが付いた状態で、新しい塗料を塗ったとしても、汚れと一緒に剥がれてしまうなど通常の耐用年数までもたずに建物が痛む原因にもなります。下地処理の工程については、まず高圧洗浄を行い大きな汚れを落としていきます。その後、クラックと呼ばれるひび割れの箇所を修繕していきます。ひび割れの状態で外壁塗装の塗料を塗っても、ひび割れの原因になりますからね。そして最後に下塗りです。下塗りは接着剤のような働きをして、東京の家の外壁と上から塗る塗料の粘着性を高めるような働きをします。この下地処理をきちんと行う会社に大切な資産を預けたいですね。また、会社選びのポイントとして塗装後のアフターメンテナンスをしてくれることがあげられます。
どんなに良い塗料を使ったとしても、外気にさらされているので劣化は避けられません。塗装後も継続的に資産を預けることができる東京の会社を選ぶようにしてください。次回の塗り替えのタイミングの案内や時にはリフォームをしなければならない箇所の発見など、資産を守るパートナーとして選んでください。


東京にお住まいの方で、そろそろ家の修理などを本格的に行っていきたいと思っているのでしたら、外壁塗装を東京の業者に依頼するといいでしょう。外壁塗装をするだけで、家の寿命はかなり延びます。長くいまの場所に住むのでしたら、外壁塗装は必須となっていますので、ぜひご参考に。

コンテンツ一覧

2017年03月09日
外壁塗装とはどんな理由でを更新しました。
2017年03月09日
外壁塗装で気をつけることはを更新しました。
2017年03月09日
外壁塗装の材料というのはを更新しました。
2017年03月09日
外壁塗装の塗料の違いを更新しました。

おすすめの情報

TOP